Iroha Data :  津軽塗
17世紀後半から津軽藩により振興され発展。素地は主にヒバを用いる。
各種色漆を重ねて塗り、これを研ぎ、磨いて模様を出す唐塗を基礎にして、ななこ、紋紗、錦塗などの技法が確立。
堅牢で実用性の高いのが特徴。