Iroha Data :  飛騨春慶
17世紀初期に始まる。木地には檜、さわら、栃などが用いられる。木肌の美しさ、木目の持ち味を活かした
透漆塗りの伝統技法が特色。素朴で飽きのこない雅味のある日用漆器。