Iroha Data :  信楽焼
天平時代、聖武天皇が紫香楽宮(しがらきのみや)造営に際し、瓦を焼いたのが起源。六古窯の1つ。無釉の雑器を作ってきたが、幕末には加飾の技法が進み、絵付を施した飲食器も作られた。今日でも独特の土味を生かした製品が作られている。