Iroha Data :  南部鉄器
南部藩の盛岡で17世紀中頃、京都から釜師を招いたのが始まり。
また伊達藩の水沢でも日用品鋳物の生産が盛んであった。
今日でも焼型、乾燥型の鋳型作り、紋様押し、肌打ち、漆仕上げ等、伝統的技法により生産されている。