Iroha Data :  九谷焼
17世紀中頃、九州の磁気の影響を強く受け開窯。その後、京焼・清水焼にも影響され今日に至っている。
やや青みを帯びた紫地に呉須による線描き、九谷五彩と呼ばれる色を使った力強い絵画調の絵付を施した陶磁器を産している。