Iroha Data :  萩焼
関が原の役後、防長二州に移封され、萩に入府した藩主・毛利輝元が朝鮮の陶工に命じて開窯したのが始まりとされる。
李朝の陶技を継承する萩焼は、茶陶としてその手取りのよさ、土の味わい、装飾の素朴さに特徴がある。