Iroha Data :  備前焼
六古窯の一つに数えられ、古い技法を今日に残す無釉の焼き締め炉器。
平安時代にはすでに作られ、鎌倉・室町時代には日用雑器全般に至って作られるようになった
桃山から江戸初期にかけては茶陶の名品を多く生んでいる。
今日ではこの伝統を引き継ぎ、盛況を呈している。