鈴木盛久工房は岩手・盛岡で17代続く、南部鉄器の作り手です。現当主は、熊谷志衣子さん。        細やかな意匠と柔らかな形は女性らしさも感じさせます。

一部作品をこちらにて販売しております。

PROFILE

鈴木盛久工房  十五代 鈴木盛久(熊谷 志衣子)

1946 東京藝術大学教授 鈴木貫爾(盛久)の長女として生まれる
1967 武蔵野美術短期大学 工業デザイン科卒業
信田洋氏 篠和子氏に彫金を師事
1987 鈴木盛久工房で鋳金工芸をはじめる
1989 第36回・日本伝統工芸展初出品入選
1998 第3回国際現代鋳鉄美術会議に参加
(米国ニュージャ−ジー州ジョンソンアトリエ彫刻研究所)
2000 東京国立近代美術館工芸館
うつわをみる 暮らしに息づく工芸展出品
2001 第48回 日本伝統工芸展出品作
銚子「回転木馬」宮内庁、お買い上げ
2004 Kettles:Japanese Artistry and Amerikan Artists 出品
(米国カールトンカレッジアートギャラリー他)                受賞
1989 盛岡市制施行百周年市民大茶会
盛岡茶道工芸展 盛岡市長賞
1990 第1回淡交ビエンナーレ「鵬雲斎千宗室家元激励賞」
岩手工芸美術協会展 工芸大賞
1991 第15回全国伝統工芸作品展「内閣総理大臣賞」
1994 第24回伝統工芸日本金工展「工芸会賞」
1998 第38回伝統工芸新作展「徳川賞」

工房HP  http://www.suzukimorihisa.com/