秋田・大館の曲げわっぱ。
曲げわっぱとは、 古くから山村の副業として作られていましたが、17世紀後半に藩の奨励により発展。
秋田杉を薄く剥いて柾目取りし、独特の技術で曲げ輪を作り、山桜の樹皮で縫留めして製作します。
木目が真直ぐで張力に富み、軽量で、明るく優美な色合いが特色です。
栗久の曲げわっぱは、工夫に工夫を重ねてつくられています。            
「手間がかかっても、使い人が使いやすいのが一番だろ」と、栗久6代目の栗盛俊二さん。           
職人の心意気が伝わってきます。

PROFILE

有限会社 栗久 伝統工芸士 栗盛 俊二


略歴
平成3年 イギリスにおいて曲げわっぱ制作実演
平成4年 中国において曲げわっぱ制作実演
平成6年 オーストラリア、メルボルンにおいて曲げわっぱ制作実演

受賞歴
昭和63年 伝統工芸士認定
平成3年 全国伝統工芸品展においてデザイン賞受賞
平成7年 全国伝統工芸品展日本商工会議所
会頭賞受賞 グッドデザイン選定受賞
(経済産業省)17点